第70回 未来構想フォーラム  
      「世界の教育・日本の教育」
  
  貧困、語学のハンディーを乗り越え、独自の学習方法で教育の殿堂、
  東大,ハーバードを制覇。日本や世界を変えたいとの情熱を燃やす
  本山青年の生き様から教育の未来を構想する。

  時:平成20年2月23日(土)P.M; 6:00〜9:00
  所:武蔵野市 南町コミュニティーセンター・ホール
  
  発題者:本山 勝寛 氏 (日本財団・広報チーム)

  主 催: NP0法人 未来構想戦略フォーラム
  後 援: 武蔵野市教育委員会

講演資料パワーポイント  デジタル音声1;基調講演  音声2:デイスカッション   講演の全文  講演:ワード形式 
 ビラ1:ワード形式  ビラ2:PDF形式  各界案内  プログラム  教育提言集

                    開 催 趣 旨

 市民の力で知的社会貢献を通じて国と世界を生かすビジョンを構築,その実現を目指して,
次世代の人材養成に取り組んでいる本会は、来る2月23日、教育をテーマにフォーラムを
開催いたします。

 アジアの諸国は教育制度を大きく変えている。日本はどうしてできないのか?
 今日、わが国は、政治・経済、環境等の根底に潜む深刻な教育の危機あります。時代は
大転換を要求しているにも関わらず、日本の教育体制がこれに対応しきれないでいること
がその要因の1つです。

 今回、家庭的、経済的艱難な環境にあっても、志1つで堂々、自らの夢を成し遂げた本山
青年を迎え、世界の中で日本の教育がどのような位置にあるか、今後の教育のあり方を
探りたいと存じます。

 本山氏の注目すべき点は、日本を変えるために東大を目指し、世界を変えるためにハーバ
ード大に挑戦したその大志です。ドデカイ夢を追う途上にある氏ですが、ブロッグを通じて
その心意気に感銘を受ける若者も少なくありません。

 今回は、国際的視野から共に日本の教育の未来像を探ろうとするものです。
 皆様の積極的なご参画を期待いたしております。

     
              次  第


司 会   佐桑史基    (株)幼児教育実践研究所・こぐま会

開会の辞 大脇準一郎 NPO法人 未来構想戦略フォーラム 代表


発 題「世界の教育・日本の教育」 


本山 勝寛 氏
 プロフィール

1981年生まれ、大分出身。両親とも九大出身。東京大学工学部システム創成学科卒業。
ハーバード教育大学院国際教育政策専攻修士課程修了。現在、日本財団広報担当。
教育、NPO活動の支援、講演、執筆活動に励む。

主な著書:『お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記』
(2007年11月、ダイヤモンド社)など。
両親とも九大出身。幼くして母を亡くし、父はNGO活動、慈善事業で海外へ。
コメだけで飢えをしのぐ超貧乏のバイト生活を送りつつ、東大へ入学を決意、
高校3年春「合格可能性なし」(E判定)から塾にも通信教育にもたよらず、
TOEFUL 180点から1年で273点に伸ばし、独学で成績を急上昇させ,東大現役
合格。東大卒業後、あえて就職せず、自己研鑽と探求生活のため、韓国、アメリカへ。
神学を学び、宗教教育修士号取得。その後、教育を広い視野から研究するため、
ハーバード大学大学院に留学を決意。独自の留学準備をブロッグにつづりながら、
ハーバード大学院に合格。著者のブログ『Road to Harvard』の日記を元に書籍化。
ブロッグ:「本山勝寛: 学びのすすめ 」 「NPO広報道2.0」 「アゴラ」
 本山勝寛の記事一覧 

 著書: 著書一覧 
 
 発 題 :「世界の教育・日本の教育」 要 旨

日本の教育
 日本の基礎教育は、2000年頃までは世界で高い水準だったが、今では順位落ちて
いる。それは、「ゆとり教育」という名の下に授業時間が減らされたことと、能力を
何の為に生かすかという視点が欠如していることによると思われる。日本には、「私
は何者で、何の為に生きているのか、どこから来て、何を為すべきなのか」という
ことを考えさせる教育が欠如している。何となく大学へ行き、ただ家族を養う為に働
いているのではないだろうか。

世界の教育
 
私が留学したハーバード(国際宗教教育学を学ぶ)には、世界中の優秀な学生が来
ている。アメリカは基礎教育の水準は低いが、ボーディングスクール(全寮制の私立
中高)や大学の水準が高い。ボーディングスクールでは、テーマについて論文を書か
せ、大学レベルの授業をしている。ハーバードではインド、中国、韓国の留学生が数
でも日本を抜いて1,2,3位であり、授業中、積極的に発言をし、優秀である。
ハーバードが何故世界でも優秀な大学として栄えているのかというと、ハーバードは
元々神学校から始まっており、卒業式で学問をしていることを神に感謝する行事があ
り、創立当初から今まで日曜礼拝と朝の祈りを継続している。ハーバードには、学問
を神に感謝する伝統が残っているからだと思う。
 これからの日本の教育は、世界の為に日本を生かしていく、という構想がなければ
ならない。

日本財団について
 世界一のビルゲイツ財団は年間2000億円規模だが、日本財団は競艇の収益の一部
を財源にして300億円規模で、日本の民間では最大である。NGOを支援したり、4
4カ国のSYLFEという奨学金、発展途上国に小学校を作り、障害者支援、たとえば東
京マラソンのボランティアを組織したりして、学校教育ではカバーできない分野の支
援をしている。

今後の展望
 世界に貢献する日本でなければならない。日本には、教育や公衆衛生、環境など、世
界に貢献できる分野がある。日本ほど世界の中で安全に暮らせる国は無い。日本の良
さを生かして、世界を育てる教育をしなければならない。
                     (参加者Aさん(作家、東大、仏文卒)のメモより)


      
     
 「世界の教育・日本の教育」 骨子

日本の教育
江戸:藩校・寺子屋による高い教育水準
・ 明治:学制改革で達成した驚異的な近代教育の普及/就学率の向上
・ 昭和:理数科教育を中心とした世界一の基礎教育水準と高等教育機関の伸び悩み
・ 平成:ゆとり教育の迷走・・・ 公教育中心主義の限界?

世界の教育
・ 米:基礎教育の衰退と高等教育の活況 ex)ハーバードでの体験
・ 欧:教育のプロフェッショナル化によるフィンランドの成功
・ アジア:インド、中国、韓国学生の教育グローバリゼーション
・ 南米・アフリカ:就学率の急激な向上と高い退学率
 教育の成功は未来志向の高い教育マインドなしでは不可能

日本財団の仕事とこれからの展望「民が公を担う時代」
  日本財団の教育関連事業
 ・ 44カ国68大学に設置された1億円ヤングリーダー奨学基金(SYLFF)
 ・ 世界各国の小学校建設(ペルー50校、カンボジア100校、ミャンマー100校、
   タイ、ラオス、ベトナム、中国など)→日本の学校とフレンドシップ協定
 ・ 障害者教育の支援(北米、アジア)
 ・ 国内では親学や自然体験教育の推進など学校教育ではカバーできない分野

今後の展望

「世界の中の日本へ―「母の国」ソフトパワー戦略」
 ・ 教育発展モデルの伝達で世界に貢献
 ・ 開かれた教育システムとアイデンティティ教育
 ・ 世界平和を創り出す人材の育成
 ・ 世界を見据えた中等教育
 ・  世界を育てる日本の教育

Aさんの感想大学を創立するのは大変意義あることと思いますので、 又参加させていただきます。 

大脇のコメント:本山氏の素晴らしい点は
 
 1)目標設定能力、目標を実現するための情報収集、構想力、戦略設定能力
  2)目標実現のためのひたむきな努力、継続的意志力
  3)目標設定の動機の素晴らしさ:日本を変えるには東大、世界を変える
    にはハーバード、目標は大志を遂げるための1手段

  1)、2)も素晴らしいですが、最も素晴らしい点は第3の志です。

 本山さんのご両親を良く知っている小生は素晴らしいお子さんの背後には
それ以上の家庭的バックグラウンド、ご両親とも土の香りのする親しみの
溢れた方です。特にお母様は日本の美しき伝統を受けつぐ実力がありながら
控えめな方でした。お母様は勝寛君が12歳のとき昇華されましたが、
千の風となってお子様達を守ってくださっています。ご尊父は今も世界を
隔ても奥様とともに日常生活を相談しながら暮らしていらっしゃいます。
勝寛君の成功の秘儀(サクラメント)はご両親の仲のむつまじさにあると
いうのが小生の洞察です。

    「夢をください!」  切実な中学生叫び!
   もし、だれかがわたしに「あなたの欲しいものを一つ何でもあげる」
  といったら、わたしは、すぐに言うだろう。
     「わたしに夢をください」と。

   わたしは今、疲れているのです。友だちとのつきあいに、
   テスト、 テストの学校に。
      お願い、だれか わたしに、夢をください!

   胸いっぱいに息を吸い込んで「よしっ、やるぞ」と
   体の奥から叫べるような夢をください。

   一つだけの、一つだけの夢をください!

     ――― 東京大田区の中学二年の女子生徒の詩

    休 憩  7:30〜7:50 記念撮影・サイン会・交流

 フリー・ディスカッション“教育の未来構想” P.M.7:50−8:40

 閉会の辞 海野和三郎 氏 本会世話人

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
“ 本山氏を囲む 懇親会 ” PM;9:20〜10:40分
     
場所:場所:パークカッフェ(東急イン1F )
 
参考資料:本山氏との事前打ち合わせ会、メモ:M記
       
       日本の未来構想・提言集