第88回未来構想/第12回地球市民フォーラム
「 地 球 に 緑 を ! 」 

  ビ ラ     資 料 写真・メモ
今、人類は文明史上、未曾有の危機に直面しています。その1つが、地球環境問題で、
地球温暖化、CO2 削減のために、いろいろな試みがなされています。そこで今回、
地球緑化の夢に半生を賭けるお二人にご発題頂き、その志と実績に学びたいと存じます。
時間が許せば、自然との共生、地球緑化への政策提言にまで精錬したいと存じます。
皆様の積極的ご参画をお待ち申しあげております。
日時:6/12(金) PM:6:15〜9:00          場所:渋谷区勤労福祉会館 
 発題:「アフリカに虹色革命を!」
     
高須 国雄 氏  (財)国際開発センター 顧問 

   「ニームの木と共に」  
      
稲葉 真澄 NPO法人 ニーム協会 会長
主催:NPO法人 未来構想戦略フォーラム 
協賛:地球市民機構 協賛:NPO法人 ニーム協会
連絡先:Tel & Fax0422-26-9155
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町1283209
   E-mail: e.mirai123@gmail.com     URL: http://www.miraikoso.org

 講師紹介

中かっこ:  高瀬 国雄 財団法人国際開発センター 顧問
         アフリカ日本協議会 理事

 略歴:

1949年京都大学農学部卒業。農学博士。
 農林省、アジア開発銀行(農村開発局長)、海外経済協力基金
 (調査開発部長)などを経て、1986年から現職。

アフリカとの関係は1966年,スーダンを皮切りに、17ヶ国
 (モロッコ,
チュニジア,ナイジェリア,ケニア,コートジボアー     ル,タンザニア,マリ,エジプト,ジンバブエ,セネガル,トーゴ,ザイール,スーダン,
     モザンビーク,マラウイギニア,南ア)
300日間巡回。

   著書:「日本・アジア・世界をめぐる農村開発の展望」(200610月)
       「アフリカの食料安全保障を考える」(特活)アフリカ日本協議会 編)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

テキスト ボックス:    稲葉 眞澄 NPO法人 日本ニーム協会 会長

略歴

194788日午前530分生まれラオス人民民主共和国にて、
ニームと初めて出会う。

2001
NPO法人 日本ニーム協会を設立し、会長に就任。

2004年からインドに国連工業開発機関(UNIDO)の支援の下、
学校建設、井戸掘り、溜池造り、植林のプロジェクトをスタート。

10
年プロジェクトで現在進行中。2006年カンボジアに日本ニーム
協会の支部を設立。国際教育支援ボランティア組織,サバジャパン
     クラブ代表, 師,藤本幸郁和尚の世界救済の精神に共鳴し、国際教育支援ボランティア     の道を歩んできた。途上国に学校をつくりながら、同時に現地の経済支援、環境問題     として植林の指導にあたってきた。
一食食べたら一円寄付をする「一食一円運動」を     続けている。
 師の「ボランティアで有名になるな!」「一生続けるボランティア」     を実践。国際政治、国際教育、国際環境にNGOの立場から世界に発信する。

  

コメント:広瀬 輝夫 博士 元 NY医科大学教授,
                 (社)日本医療経営学会 理事長



6.11(木)PM:1:30-5:00,日本大学会館(本部2F,大講堂)夏季医療経営セミナー「経済不況下の医療経営」主宰のため来日。83歳の高齢ながら、地球の隅々まで巡回。医療を通じての国際貢献の道を開拓、東・西医療の統合を目指して活躍中! 世界に先駆け無血心臓バイパスを開発、数万人の命を救済、医師のノーベル賞,ゴールドメダル賞受賞。

☆ 国家としては、先ず、総ての国民の心身を維持する責任が あり、日本の国民医療介護皆保険は、世界唯一の優れたもの で、経済不況に際しても、その改悪は避けるべきである。